マシュマロヴィーナス 原材料

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

マシュマロヴィーナスの原材料は安全か!?

 

 

【マシュマロヴィーナスの原材料】
プエラリア・ミリフィカ末、ラズベリーパウダー、アグアヘエキス末ワイルドヤムエキス末、コラーゲンペプチド、エラスチン加水分解物、アサイー末、プロテオグリカン含有サケ鼻軟骨エキス末、セラミド含有米エキス末、ザクロ果皮エキス末、白キクラゲ多糖体、メロンプラセンタエキス末、チェストツリーエキス末、マキベリー果汁末、甘味料(キシリトール、アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物)、pH調整剤、ゲル化剤(増粘多糖類)、香料、クチナシ赤色素、乳化剤、グレープフルーツ種子抽出物、ヒアルロン酸

 

マシュマロヴィーナスには、バストアップに効果的な原材料がいくつか配合されています。その中でも注目の原材料をピックアップしてみようと思います。

 

上記の原材料でバストアップに効果があるのは赤字で表記しています。見ても分かるように、日本ではあまりなじみのない植物から抽出された成分が原材料になっています。

 

以下にそれぞれの原材料について調べてた内容を載せておくので参考にしてください(`・ω・´)ゞ

 

 

マシュマロヴィーナスの原材料でバストアップに効果的な成分は!?

 

 

低分子化発酵プエラリアとは!?

 

 

プエラリアはタイ北部を中心に採取されるマメ科の一種(上記画像)で、女性ホルモンに似たエストロゲンを大豆イソフラボンの約40倍も含んでいるのです。

 

プエラリアの成分によってバストアップ効果が期待できるのです。ただ、問題はその効果の反面、副作用があるのではというところです。そこでマシュマロヴィーナスではプエラリアを発酵させ低分子化しています。

 

 

発酵して低分子化したプエラリアは通常のプエラリアよりも少量で効率よく吸収ができます。それにより副作用の心配を極力抑えてバストアップ効果が期待できるのです。

 

 

アグアヘ

 

 

アグアへとは、南米で採取されるフルーツの一種です。収穫されたものは傷みやすいため日本では目にすることもないフルーツです。南米の女性があんなにセクシーな体つきはこれのおかげだというい噂まで流れるほどのフルーツです。

 

プエラリアと同様に女性ホルモンに似た成分を持つ「植物性エストロゲン」が豊富に含まれ、バストアップの効果を引き出します。

 

 

ワイルドヤム

 

 

ワイルドヤムは、別名メキシコヤマイモとも言います。アメリカやメキシコ原産でヤマイモ科の一種です。

 

ワイルドヤムには「ジオスゲニン」と「サポニン」というバストアップに効果的な成分が配合されています。ワイルドヤムに含まれている「ジオスゲニン」は、女性ホルモンの「プロゲステロン」と似た作用があります。

 

プロゲステロンにもエストロゲンと同じように乳腺を育てる効果や女性ホルモンのバランスを整えて効果があり、バストアップに効果が期待できます。

 

 

チェストツリー

 

 

チェストツリーは南ヨーロッパから地中海沿岸、西アジア地域を原産地とするクマズツズラ科ハマゴウ属の落葉樹です。夏になると薄青〜ピンク色の花を咲かせます。ヨーロッパでは昔から生理痛など、女性特有のトラブルのために愛用されてきたハーブです。

 

チェストツリーは、、バストアップ効果や女性ホルモンバランスの乱れを調整する働きが確認されています。バストアップだけでなく生理不順の方にも良いかもしれませんね!

 

 


マシュマロヴィーナスの原材料に危険という成分はありませんが、あえて言うなら、過剰摂取にってホルモンバランスを崩すのは注意するべきでしょう。ホルモンバランスを崩せば、吐き気、下痢、生理不順などの原因を招く恐れがあります。マシュマロヴィーナスを飲むのは適量を継続的にですね!!

 

 

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加