マシュマロヴィーナス 副作用

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

マシュマロヴィーナスを飲むと乳がんになるって、ホントなの!?

 

 

最近ですが、芸能人の間でも乳がんが原因で手術したり、闘病で大変な思いをしている方もいますよね。見ていると本当につらそうなのですが、実は乳がんというのは女性の11人に1人がなるそうですね・・・。

 

そして、今注目されているバストアップサプリにも乳がんの副作用があるのでは!?

 

なんて事が、ネットの噂で流れています。当然ながらマシュマロヴィーナスにも目は向けられていますが、実際のところマシュマロヴィーナスの副作用で乳がんになる事ってあるのか気になるところです。

 

以下にマシュマロヴィーナスの副作用についてまとめておいたので、良ければ参考にしてください(`・ω・´)ゞ

 

 

マシュマロヴィーナスが乳がんになるという噂の根源は、これ!!

 

 

そもそもですが、マシュマロヴィーナスがなぜ、バストアップに効果が期待できるかというと理由は成分の中に”プエラリア”というものが配合されているからです。

 

プエラリアというのは、タイ北部に採取されるマメ科の植物(上記画像)の一種です。このプエラリアにはエストロゲンという女性ホルモンに似た成分が配合されています。それを継続的に摂取することで体内のホルモンバランスを整え、女性らしい体つきにしていくからです。

 

ですが、そこで問題はプエラリアの過剰摂取による副作用です。主な症状に吐き気、下痢、便秘、生理不順などのが報告されています。ですが乳がんになりやすくなるかは科学的に根拠はないようです。

 

恐らくですが、ネット上で不安に思う方が検索をかけているうちに、マシュマロヴィーナスを飲むだけでも乳がんになってしまうのではと勘違いされたのではないかと思います。(根拠がない事なので、情報そのものが曖昧ですね・・・。)

 


なぜ、プエラリアが乳がんの危険性があるかと噂されるかについては、恐らくですが乳がんの原因に女性ホルモンのバランスが崩れることが指摘されている事です。そのためにプエラリアを過剰摂取することで、ホルモンバランスが崩れ乳がんになりやすいのではと憶測です騒がれていることが考えられます・・・(゚д゚)!

 

なので、マシュマロヴィーナスを飲むだけで乳がんになりやすいという訳ではないことが分かります。また、過剰摂取をしなければ、よほどは副作用などの危険性も少ないと言えるでしょう(´∀`*)ウフフ

 

 

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加