マシュマロヴィーナス プエラリア

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

マシュマロヴィーナスの”プエラリア”って、いったい何なの!?

 

マシュマロヴィーナスに限ったことでもないのですが、バストアップサプリに配合されている成分に”プエラリア”というものがあります。日本では、そのプエラリアというものが何なのかあまり知らえていませんし、おそらく目にすることもないでしょう。(たぶん・・・。)

 

そこで、私なりにですがプエラリアというものが何のか徹底的に調べてみました。すると、以下の様になっていたので、バストアップ関連に興味がる方は必ず確認しておいてもらえればと思います。

 

 

プエラリアについて

 

 

プエラリアとは、主にタイ北部などで収穫されるマメ科の植物の一種です。大変希少なものであるのですが、実はそこからサ死守される成分が、女性ホルモンの働きを助けるエストロゲンに似た成分があるのです。

 

その効果は大豆イソフラボンの約40倍ともいわれており、その効果のおかげで体内の女性ホルモンの働きが整い、バストの入選を刺激することでバストアップ効果につながるのです。

 

但し、バストアップ効果がると言ってもむやみやたらに摂取すればよいと言ものではなく、過剰摂取することで体内のホルモンバランスが崩れ、副作用として下痢、頭痛、吐き気、便秘などの症状が稀に出ることもあります。

 

ですので、プエラリアを摂取する時の注意点としては、適量を守りながら継続的に飲むのが大事になってくるという事です。

 

そして、更にマシュマロヴィーナスについて調べていくと、低分子発酵プエラリア配合という事が謳われています。一体、普通のプエラリアの成分と何が違うのかというと・・・。

 

 

マシュマロヴィーナスの低分子発酵プエラリアの特徴!

 

先ほども述べたように、プエラリアは過剰に摂取すると副作用の可能性がります。ですからマシュマロヴィーナスではプエラリアを発酵させ、低分子化しているのです。

 

プエラリアの成分が低分子化されていることで、体内に少量で効率よく吸収できるようになっているのです。以下の図が従来のバストアップサプリ(左)と、マシュマロヴィーナス(右)のプエラリアの成分の体内への浸透の過程です。

 

 

このように明らかにマシュマロヴィーナスのプエラリアの方が体内への吸収が効率よくできるのです。副作用のリスクを極力減らしながら、バストアップ効果を引き出すことに成功しているのです。

 

とは言え、それでもマシュマロヴィーナスを食べる時は適量を守りながら、継続的するのが重要になってくるのは当然です。たまに、まとめて食べたり、他のバストアップサプリと同時進行しようとする方がいますが、それはやめた方が良いでしょうね(;^ω^)

 

詳しくは以下のマシュマロヴィーナス公式サイトもチェックしてみると良いかもしれません!!

 

 

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加